TOP > PCウェル工法 > 施工方法

単体ブロックを三角加圧版、六角ガイドフレーム等から成る圧入装置で固持しながら、ブロック内空部にハンマグラブバケットを自由落下させて土砂を掘削・揚土し、ブロックを圧入させて沈設する方法です。圧入における反力にはグラウンドアンカーまたは反力抗(H形鋼)の引抜抗を利用します。

中掘り圧入方式主要部材
  • 01.三角加圧板
  • 07.圧入ジャッキ
  • 02.ガイドローラー
  • 08.ジャーナルジャッジ
  • 03.保護リング
  • 09.ハンマグラブバケット
  • 04.グラウンドアンカー
  • 10.反力ロッド
  • 05.六角ガイドフレーム
  • 11.単体ブロック
  • 06.反力抗(H形鋼)
  • 12.アンカー定着

単体ブロックをスライド桁、支持圧入桁等から成る支持圧入装置により懸垂しながら、ハンマグラブバケットまたは鉱底ピットを用いて土砂を掘削・揚土し、ブロックを圧入させて沈設する方法です。刃口下掘削を行う場合の他、水上施工やブロックの過沈下の可能性のある軟弱地盤での施工で、指示圧入方式を採用します。

土研式遊星駆動型拡底ビットによる掘削 ハンマグラブバケットによる掘削
支持圧入方式主要部材
  • 01.スライド桁
  • 07.ガイドローラー
  • 02.支持圧入桁
  • 08.仮受けブラケット
  • 03.支持圧入ジャッキフレーム(100t×4)
  • 09.土研式遊星駆動型拡底ビット
  • 04.ベースフレーム(上下二段)
  • 10.ロータリーテーブル
  • 05.支持反力抗(H型鋼)
  • 11.ヤグラ
  • 06.グラウンドアンカー
  • 12.ハンマグラブバケット