TOP > 自動化オープンケーソン工法(Super Open Caisson System)

お知らせ
 今般、自動化オープンケーソン工法に用いる水中掘削機の耐水圧性能を向上させ、適用範囲を従来の水深100mから120mまでに拡大いたしました。
 これに伴い、電動油圧グラブによる掘削揚土歩掛りの100m~120mまでを追加いたしました。
従来の積算マニュアルの施工歩掛りの部分を以下に差し替えてご使用願います。なお、水中掘削機の掘削歩掛については変更ありません。 詳細はこちら。

掘削・揚土システム、沈下管理システム、プレキャスト躯体システムの3つのシステムから構成され、軟弱地盤から中硬岩までの種類の異なる幅広い地盤に適用できます。
これらのシステムは、 3つを組み合わせて用いるほか、現場条件に応じて各々のシステム単独あるいは2つを組み合わせても用いることができます。

水中掘削機には、幅広い地盤条件に対してケーソンのスムーズな沈設が行えるように刃先直下地盤を掘削する掘削パターンが組み込まれています。
掘削揚土クレーンには掘削揚土支援システムが搭載され、水中掘削機の作業状況をリアルタイムで監視しながら、ケーソン中央部の掘削と揚土を効率的に行うことができます。

本工法は、従来のオープンケーソン工法の施工上の問題点を先端技術を駆使して克服し、種々の地盤条件に対してケーソンの確実な沈設を可能とした工法です。 IT技術により掘削状況および時々刻々変化するケーソン挙動をリアルタイムで把握するとともに、機械化施工による高精度な沈設、大幅な省力化を実現した周辺環境にやさしい新しいオープンケーソン工法です。
本工法の特長は、ケーソン刃先部への水中掘削機の導入により、従来では困難であったケーソン刃先直下の地盤掘削が確実に行えることです。 本掘削機は硬質地盤にも対応でき、耐水圧は1.2MPaで深度120mまでの施工が可能です。
躯体壁厚は3.5mまで対応でき、ケーソン平面形状は単円から小判、矩形まで幅広いニーズに応えることができます。