自動掘削・揚土システム

自動水中掘削機はケーソン内壁に取り付けられた円形走行レール上を走行し、刃口直下地盤をケーソン沈設時の荷重関係や土質の種類に応じて選定した形状に自動掘削します。水中掘削支援機は、自動水中掘削機の制御ケーブルや電力ケーブルの管理を行うとともに、掘削機のケーソン内への投入・引き上げなどを行います。


▲自動水中掘削機

▲水中掘削支援機
自動沈下管理システム

自動計測システムと自動姿勢制御システムによって、ケーソンの圧入沈下を正確に行います。さらに自動水中掘削機による刃口直下地盤の掘削と併せ、大幅な制度の向上を図ることができます。

▲圧入設備施工例
ケーソンの大きさや施工条件に応じて適切な圧入桁を選定し、ケーソン天端に設置します。


▲自動沈下管理システム

プレキャスト給躯体構造

躯体を構築するプレキャストブロックの構造、および接合部の継手構造について、施工性や作用力に対する剛性、耐力等に優れた工法を開発しました。また、これらは大型試体による実験で検証されます。


躯体は鉛直方向、およびリング方向に分割されたプレキャストブロックを水平方向継手、鉛直方向継手によって接合します。水平方向継手はPC鋼棒による緊張、鉛直方向継手はくさび接合継手、もしくはコンクリート接合継手を用います。

■くさび接合継手の構造:くさび継手とせん断キー(角鋼管キー)と無収縮モルタルで構成









■コンクリート接合継手の構造:スリープ継手と無収縮モルタルで構成